ナースとしての自分の未来を考えてみる

Featured

これからの人生を考える時、今後の展開をどのように捉えているのでしょうか。きっと今後はすべてがよくなるはず。そんな、楽観的な考えで過ごしているのでしょうか、
それとも今の年齢に見合った考え方で、しっかりと正しい未来のビジョンを思い描いているのでしょうか。それとも、自分の将来のことなんて全然何も考えていないのでしょうか。
昔はばりばりナースとして働いていたあなた。もうこれからはずっと、あのころのような仕事に生きることはないのでしょうか。
今現在の安定した状態のままで、これ以上多くは望まない生き方を貫いていくのでしょう。子供がいたとしたら、その子供が手のかからない年齢にまで達したのではないですか? 夫の今現在の収入だけで満足していますか?
今後の自分の人生について考えてみましょう。


今後のナースとしての自分

そのような、昔ナースとして働いていたけど結婚や出産を機に退職。しかしその後自分の身の回りの状況が安定したこともあり、再び現場にナースとして戻ってくる、病院などにUターンしてくるナースは少なくありません。
もちろんブランクがあり、最近の医療器具の技術の進歩にはじめはついていけないこともあるでしょうが、以前鍛えた患者や医者とのコミュニケーションスキル。これは普遍的に役立つはずです。
そういったブランクがあるナースを受け入れてくれる病院の情報は、ナース転職サイトで探してみることで簡単に見つけることができます。口コミの評判が高いサイトを利用しましょう。積極的にブランクのある看護師を受け受け入れる病院、またはそういった看護師のために研修を開催しているところもあります。そういった情報はインターネットにたくさん転がっていますよ。


今後の自分の人生に想いを馳せる

そういったブランクのあるナースでなくとも、まだ自分は若いと思っている人でも、現時点の自分の年齢、スキル、そして目標を合わせて考えてみることで、自分の将来の展望が少しでも見えてくるでしょう。
現時点がぬるま湯のような状況だったとしたら、そのまま生きていても何も成長することができません。もっとしっかり、自分の力を今より高めることができるような状況で働くことができるようにしたいです。


運命を味方につける

自分の今後の展開はその人の運命というところもあります。
じたばたしても自分の運命には逆らえないもの。ですがより自分のためになる、自分にとって良い運命を引き寄せるには自分の努力が不可欠だと考えています。自分の運命は一つでは無くいくつかあり、自分の行動によって良い運命を引き寄せることができるはず。
自分の人生の文脈。この流れをきれいに整えておくことが大切なのです。より自分のためとなる生き方をして後悔のない人生を送りましょう。


ナースのいない世界は考えられない

Posted on

ナースは医療従事者ではあるものの、実際に治療するのはやはり医者で、そのサポートをするのがナースの仕事です。医者の隣に立ち、器具の準備だけでなく雑用に近い仕事も行う重要な役割ですが、ナースの存在価値はそれだけでしょうか。転職サイトを利用する前にもう一度考えてみましょう。
少なくとも私はそうは思いません。医者のサポートだけでなく、患者との密なコミュニケーション。小児科なら子供の上手なあやし方も求められるでしょう。医者の周辺だけでなく、それ以外の病院における仕事の、特に患者と接する部分はほとんどナースがになっていると言えるでしょう。
この世界にはもちろん多くの医者が世界中で活躍しています。そしてその影には、いつも優秀な看護師の姿があるのです。


ナースが精神の支えになっているかも

ナースが医者の助けになっているのはもちろんのこと、患者の支えになっているのは間違いありません。手術や投薬など、病院という場所、心身を病んでいる状態ならなおさら追いつめられるシチュエーションにおいて、看護師の存在は大きな心の支えになることでしょう。昔ながらの女性の看護師さんのやさしい口ぶり、心遣いなどももちろんのこと、最近多くなっている男性の看護師さんの力強いサポートにも心強さを感じることができるかもしれませんよね。
病は気から、という言葉があります。いくら優秀な医者だったとしてもカバーしきれない面をフォローできるのが看護師の存在を大きくしている点です。
たとえ大きな処置を受けることが無くとも、いてくれるだけで安心。それがナースという存在です。


病院を彩る存在

病院はどうしても殺風景で陰気な雰囲気をまとってしまいます。それは、生命を扱う場所だからという性質上仕方のないことですが、そんなところに長くいては治る病気も治らなくなってしまいます。
あの雰囲気が嫌だと言うのはなにも小さな子供だけではありません。大人だってできれば病院のお世話にはなりたくありませんよね。
そんな殺風景で暗い雰囲気の場所を明るくしてくれるのがナースの存在です。その存在も病院の一つの象徴となっています。病院の「負」の側面を和らげる緩衝材となってくれているのは間違いありません。
その存在で「行きたい」とまではならなくても、「嫌だけどなあ…」くらいには負の感情を抑え込んでくれていると言えるでしょう。看護師、という存在はこれからも決してなくならないでしょうし、これからも人の心と体のケアを行ってくれることでしょう。


ナースにとっての悩み

Featured

病院も企業と同じ、組織です。医師やナース、作業療法士など、様々な立場の人間が一つの病院を作り上げ、患者の方への治療を施しています。沢山の人間の中で働くとなると、必ず出てくる悩み。それは人間関係です。


ナースと医師の関係

バンドワゴン効果という言葉をご存じでしょうか。これは、あるものに大勢が賛同しているから自分も賛同してしまうとう傾向のことです。病院内でも医師の派閥が大きな人間関係を作り上げています。Aさん側、Bさん側、白い巨塔のように病院内の人間関係に焦点を当てたドラマさえ出来るくらいです。大きな組織の中で看護師として仕事をしていく際、周りを無視して単独行動をする訳にはいきません。患者の方を元気にするために働くためだという意気込みがあっても、自分が仕事をしづらい環境にいては、いずれ医師のお世話になるのは自分自身になるのです。


ナースと患者さんの関係

守るべき患者の方との人間関係がこじれたら、とても厄介ですね。入院中の患者の方からセクハラを受けて悩むナースの方も少なくありません。治療を拒否したり周囲の患者の方とトラブルを起こしたりする患者の方もいますので、そういう時の対応もするはめになります。

患者の方は病で苦しんでいるという状況で、八つ当たりをする場合もあります。患者さん相手の場合は大きな広い心で受け止め、治療に専念させてあげるという気持ちになれば受け流せることも多少は可能ですが、一番のネックは、医療スタッフとの関係かもしれません。
人間関係の悩みで転職サイトを覗いているナースの方もいらっしゃると思います。しかしせっかく慣れ親しんだ病院を簡単に辞めてしまうのは、とても勿体なく、後から後悔しかねません。今は心療内科でのカウンセリングも気楽に受けられる料金になってきています。悩みが深くなって職場を辞めてしまう前に、一度診療内科で診察を受けることをおすすめします。


同じナースである、正看護師と准看護師の違いと必要性について

Posted on

病院に行くと白衣を着て医療に従事している方々が目に入ります。医師と共に患者の方を手当している方々。皆さん見た目は同じ「ナース」ですが、実は正看護師と准看護師という全く違う方かもしれません。


ナースという言葉で一括り

医師の指導のもと医療補助をする方が、ナースです。それは正看護師も准看護師も同じなのです。仕事の内容は特に変わらず、医師免許を持っている方以外が医療行為をすることは禁じられているので、正看護師も准看護師も医療行為をすることは出来ません。なので、一般的にはナースという言葉でまとめられ、制服にも違いはありません。患者の方からしてみれば、同じなのです。しかし、正看護師は准看護師に指示を出すことが出来ますが、准看護師は正看護師に指示を出すことは出来ません。それは学んだ知識の差が影響しています。


准看護師の必要性とは

正看護師は四年、准看護師は二年で資格を取得出来ると言われています。そして准看護師は実務をメインに学びますが、正看護師は判断力など実務以外の知識も必要になります。資格も国家資格と都道府県知事資格という全く別のものです。正看護師の方に優位性があるように見受けられますが、准看護師になって実務経験を積む道を選ぶ方も少なくありません。長く机上で勉強のみに専念して正看護師を目指すより、准看護師を取得して経験を積んだ方が病院にとっては必要な人材となります。

病院内で正看護師の研修をしているところもありますので、准看護師になってから病院での実務をしつつ勉強して正看護師になる方が良い場合もあります。転職サイトなどでも正看護師と同じくらい准看護師も募集がかかっているので、ナースを目指す方は、准看護師も視野に入れてみてはいかがでしょうか。


中卒で憧れのナースに

Posted on

中卒だからと言って、ナースになる道を諦めてはいませんか?大学を卒業しても、今はなかなか就職先が見つかりません。ナースは引く手あまたですが、需要がある分、目指す方も多いので難関になりつつあります。しかし中卒だからと言って肩を落とす必要はありません。今は中卒の方でもやりたい仕事に就けるように、様々なサポートが存在しています。


ナースの養成コースに入る

色々な事情で高校中退を余儀なくされた方も沢山います。その中でナースになりたいと考えていた方に、今でもなりたいと思っている方には、五年一貫コースの学校に入学することをおすすめします。卒業までに国家資格を受験することが可能なので、卒業と同時に看護士として仕事をすることが出来ます。普通科の高校を卒業した方が看護学校に入って試験を受けるよりも早く、資格を取得することも出来るのです。


専門の学校なので就職も安心

転職サイトでやきもきする必要もなく、学校がそのまま進路を指導し、就職までしっかりサポートをしてくれます。就職の際に必要な履歴書の書き方や面接の心構えなども教えてくれますし、学校が不安解消に全力を尽くしくれます。

ナースという職業は、大学を出なければなれないものではありません。看護の道を志して努力を惜しまなければ、必ず目指しているものを掴み取ることが出来ます。


ナースがいて欲しい場所

Posted on

転職先で介護福祉施設を選ぶナースが増えています。実際に介護の現場では介護福祉士が
出来ない医療の行為を、看護師が担当するという役割分担があります。介護では様々は職種の方が一つの施設を支えている訳ですが、施設の中には派閥もあるようです。


介護の現場は人間関係が複雑になりやすい

まるで介護の現場は良くないと言っているように聞こえるかもしれませんが、実際に介護士として施設で働くと、民度の低さに驚くといいます。現場は常に人手不足です。しかしご入居者にとっては家そのものの場所。しっかり運営するためにとにかく量より質を選んでしまいます。ホームヘルパーは級によっては講座を受けさえすれば手に入る資格です。転職サイトなどで見つけた講座で勉強し、そのまま派遣登録をして現場に来る派遣社員で施設を埋めていきます。正社員として入った介護福祉士の中には、全く仕事が出来ない人ばかりが入り、需要が高いからと言ってあまり興味のない状態で介護を始めるような方もいて、とてもうんざりすると不満を漏らす方もいます。


ナースが支える施設

介護福祉士は国家資格です。中には介護の仕事につきたくて一生懸命勉強して取得したのに、志の欠片もない方々に仕事を押し付けられて職場を転々とする方もいます。ナースも同じ国家資格です。努力を重ねてその職種についた方々です。特に興味がない介護の現場に足を踏み入れ、ご入居者の方や頑張っている介護福祉士や看護師の方を邪魔するような人を施設に入れ、質を落とすようなことは避けたいところです。

しかし、今は様々なところで人手不足であり、介護の現場だけに焦点を当てることは困難です。ナースとして仕事に従事したい方は、このような状況もあるのだということを認識し、質の高い介護施設の運営に貢献して頂きたく思います。


ナースのインターンシップとは

Posted on

実際に職場で勤務をしてみないと、わからないことは沢山あります。一般の企業と同じように、新卒の方にどのような環境かを学んでもらうため、病院でもナースのインターンシップの制度を設けています。


大学付属病院でナースの勉強を更に奥深く

大学付属の病院ならではの研修を、インターンシップで受けることも出来るようです。一日見学会を設けて様々な施設の見回りや患者さん達との触れ合いなどの時間を過ごすことが出来ます。大学の生徒さん方はキャリアアップ支援の制度を普段から受けることも可能です。研修センターで実際にナースの実務を見学することも出来ます。


転職の方は海外のインターンシップへ

国内の病院にてインターンシップを受けるには、在学中の生徒であることが必須要項に入っていることが多いです。インターンは基本的には社会に出たことがない学生向けなので、転職の方向けではありません。しかし医療現場にて実際の治療を目で見るということは、とても大切な経験の一つです。学校を卒業した後に看護師になりたいと思った方には、海外インターンシップをおすすめします。応募した方全員で現地に向かうため、ナースとして同じ志を持った仲間に出会うことが出来ます。

インターンシップの内容については転職サイトでも見ることが出来ます。口コミなどを利用して自分に合ったインターンシップ先を見つけ、転職に生かしましょう。