ナースがいて欲しい場所

Posted on

転職先で介護福祉施設を選ぶナースが増えています。実際に介護の現場では介護福祉士が
出来ない医療の行為を、看護師が担当するという役割分担があります。介護では様々は職種の方が一つの施設を支えている訳ですが、施設の中には派閥もあるようです。


介護の現場は人間関係が複雑になりやすい

まるで介護の現場は良くないと言っているように聞こえるかもしれませんが、実際に介護士として施設で働くと、民度の低さに驚くといいます。現場は常に人手不足です。しかしご入居者にとっては家そのものの場所。しっかり運営するためにとにかく量より質を選んでしまいます。ホームヘルパーは級によっては講座を受けさえすれば手に入る資格です。転職サイトなどで見つけた講座で勉強し、そのまま派遣登録をして現場に来る派遣社員で施設を埋めていきます。正社員として入った介護福祉士の中には、全く仕事が出来ない人ばかりが入り、需要が高いからと言ってあまり興味のない状態で介護を始めるような方もいて、とてもうんざりすると不満を漏らす方もいます。


ナースが支える施設

介護福祉士は国家資格です。中には介護の仕事につきたくて一生懸命勉強して取得したのに、志の欠片もない方々に仕事を押し付けられて職場を転々とする方もいます。ナースも同じ国家資格です。努力を重ねてその職種についた方々です。特に興味がない介護の現場に足を踏み入れ、ご入居者の方や頑張っている介護福祉士や看護師の方を邪魔するような人を施設に入れ、質を落とすようなことは避けたいところです。

しかし、今は様々なところで人手不足であり、介護の現場だけに焦点を当てることは困難です。ナースとして仕事に従事したい方は、このような状況もあるのだということを認識し、質の高い介護施設の運営に貢献して頂きたく思います。