ナースのいない世界は考えられない

Posted on

ナースは医療従事者ではあるものの、実際に治療するのはやはり医者で、そのサポートをするのがナースの仕事です。医者の隣に立ち、器具の準備だけでなく雑用に近い仕事も行う重要な役割ですが、ナースの存在価値はそれだけでしょうか。転職サイトを利用する前にもう一度考えてみましょう。
少なくとも私はそうは思いません。医者のサポートだけでなく、患者との密なコミュニケーション。小児科なら子供の上手なあやし方も求められるでしょう。医者の周辺だけでなく、それ以外の病院における仕事の、特に患者と接する部分はほとんどナースがになっていると言えるでしょう。
この世界にはもちろん多くの医者が世界中で活躍しています。そしてその影には、いつも優秀な看護師の姿があるのです。


ナースが精神の支えになっているかも

ナースが医者の助けになっているのはもちろんのこと、患者の支えになっているのは間違いありません。手術や投薬など、病院という場所、心身を病んでいる状態ならなおさら追いつめられるシチュエーションにおいて、看護師の存在は大きな心の支えになることでしょう。昔ながらの女性の看護師さんのやさしい口ぶり、心遣いなどももちろんのこと、最近多くなっている男性の看護師さんの力強いサポートにも心強さを感じることができるかもしれませんよね。
病は気から、という言葉があります。いくら優秀な医者だったとしてもカバーしきれない面をフォローできるのが看護師の存在を大きくしている点です。
たとえ大きな処置を受けることが無くとも、いてくれるだけで安心。それがナースという存在です。


病院を彩る存在

病院はどうしても殺風景で陰気な雰囲気をまとってしまいます。それは、生命を扱う場所だからという性質上仕方のないことですが、そんなところに長くいては治る病気も治らなくなってしまいます。
あの雰囲気が嫌だと言うのはなにも小さな子供だけではありません。大人だってできれば病院のお世話にはなりたくありませんよね。
そんな殺風景で暗い雰囲気の場所を明るくしてくれるのがナースの存在です。その存在も病院の一つの象徴となっています。病院の「負」の側面を和らげる緩衝材となってくれているのは間違いありません。
その存在で「行きたい」とまではならなくても、「嫌だけどなあ…」くらいには負の感情を抑え込んでくれていると言えるでしょう。看護師、という存在はこれからも決してなくならないでしょうし、これからも人の心と体のケアを行ってくれることでしょう。