ナースにとっての悩み

Posted on

病院も企業と同じ、組織です。医師やナース、作業療法士など、様々な立場の人間が一つの病院を作り上げ、患者の方への治療を施しています。沢山の人間の中で働くとなると、必ず出てくる悩み。それは人間関係です。


ナースと医師の関係

バンドワゴン効果という言葉をご存じでしょうか。これは、あるものに大勢が賛同しているから自分も賛同してしまうとう傾向のことです。病院内でも医師の派閥が大きな人間関係を作り上げています。Aさん側、Bさん側、白い巨塔のように病院内の人間関係に焦点を当てたドラマさえ出来るくらいです。大きな組織の中で看護師として仕事をしていく際、周りを無視して単独行動をする訳にはいきません。患者の方を元気にするために働くためだという意気込みがあっても、自分が仕事をしづらい環境にいては、いずれ医師のお世話になるのは自分自身になるのです。


ナースと患者さんの関係

守るべき患者の方との人間関係がこじれたら、とても厄介ですね。入院中の患者の方からセクハラを受けて悩むナースの方も少なくありません。治療を拒否したり周囲の患者の方とトラブルを起こしたりする患者の方もいますので、そういう時の対応もするはめになります。

患者の方は病で苦しんでいるという状況で、八つ当たりをする場合もあります。患者さん相手の場合は大きな広い心で受け止め、治療に専念させてあげるという気持ちになれば受け流せることも多少は可能ですが、一番のネックは、医療スタッフとの関係かもしれません。
人間関係の悩みで転職サイトを覗いているナースの方もいらっしゃると思います。しかしせっかく慣れ親しんだ病院を簡単に辞めてしまうのは、とても勿体なく、後から後悔しかねません。今は心療内科でのカウンセリングも気楽に受けられる料金になってきています。悩みが深くなって職場を辞めてしまう前に、一度診療内科で診察を受けることをおすすめします。